検索
  • 真宗興法議員団 真宗大谷派

臨時宗議会における宗務総長指名について

去る10月14・15日に開催された臨時宗議会において宗務総長指名選挙が行われ、宗参両議会で木越渉代表が指名されました。


木越渉宗務総長 宗議会挨拶   (要旨) 


 ただいま両議会から指名を頂戴いたしました。今から門首の認証を経て、はじめて宗務総長に正式に就任いたすことであります。

 これまで申し上げてきましたように、今からスピード感をもって組局を行い、そして内局巡回を行いたいと思います。

 宗門から広く声を頂戴し、この行財政改革を本当に形あるものとして作り上げていくつもりでありますけれども、内局だけでは何一つできません。やはり、両議会の本当に慎重なる審議を頂戴しながら形づくってまいりたいと思っております。

 現時点の思いは「simple but effective」。シンプルだけれども、効果的な改革を行ってまいりたいと思っております。シンプルでないと、透明性、公平性を得られることはないと思います。皆さんに十分に審議いただき、その声をどこまでも大切に聞き留め、そしてこの改革を実現できるよう努めてまいりたいと思いますので、今後ともご協力を賜りますようお願い申し上げ、ご挨拶といたします。





閲覧数:95回0件のコメント

最新記事

すべて表示

本日、木越内局の一部改造が発表されましたのでご報告いたします。 宗務執行体制 (2022年3月30日現在) ☆ 宗務総長  木越  渉 (きごし わたる) 〈金沢教区 第11組 光專寺〉 ☆ 参  務  酒井  良 (さかい ひさし) 〈岡崎教区 高岡組 西雲寺〉 [財務長][首都圏教化推進本部長] □ 担当部門:組織部(国際室)、財務部(財産管理室) 東京宗務出張所・首都圏